WHEELIE

Popular-人気記事-

普通二輪の教習が不安な人に最初のコツやつまずいた部分を教えます




普通二輪の教習が不安な人に最初のコツやつまずいた部分を教えます

このブログにも以前書いたのですが、一昨年に小型自動二輪ATから普通自動二輪MTに限定解除しました

限定解除しましたって言う報告は書いたのですが、どんな感じだったのかまではサラッとしか書いていなかったんですよね。

そこで今回は、実際に取得した時にどんな事に悩まされたのか「これから普通自動二輪免許を取得したいけど不安・・・」なんて方に向けて紹介します!

二輪教習に使われる

普通自動二輪の教習って大体がこのバイクだと思います

f:id:ptkabe:20170826083146p:plain:w960

引用-CB400 SUPER FOUR / CB400 SUPER BOL D’OR | Honda

CB400 super four!通称スーフォア。400ccのバイクで、免許取得後に乗ってる人もまぁまぁ多いかな?と思います

スーフォア(現行)のざっくりとしたスペックはこんな感じ

  • シート高:755mm
  • 重さ:201kg
  • 排気量:400cc
  • 全長:2080

教習時に乗るのは教習車仕様なので、バンパーなど諸々含めるともうちょっと重くなります

私の身長は151cmなので、このシート高だと2cm以上の底があるブーツでなんとか乗れます。なので155cm以上ある人なら足つきはそこまで大きな問題にならないかな?と思います。

引き起こしや押した時、見た目以上の重さにびっくりするはず

バイクって見た目以上にめちゃくちゃ重いんですよ・・・

軽々乗ってるように見えますが、引き起こしにもコツがいりますし、何より取り回し(自力で押しながら歩く)は最初本当に辛かったです・・・

ちなみに今私は半分くらいの重さのクロスカブという車種に乗っていますが、こちらも最初はとても重かったです

・・・が、今では簡単に取り回しできます。結局のところ重さがどうこうよりも取り回しも引き起こしも「コツ」を掴む事だと思います。




教習中はとにかく「ニーグリップ!ブレーキレバーはきちんと握る」

カーブを曲がるとき等、しっかりとニーグリップしないと安定しません。教習においてニーグリップはかなり大切です・・・

しかしニーグリップなんて普段使わない言葉ですし、正直何ぞやって感じですよね。簡単に言うと「タンクを太ももでしっかり挟む」事です

この辺はしっかりと教習で習うので大丈夫だと思うのですが、最初の方はまぁまぁニーグリップを忘れがちです

ちなみに私普段乗っているバイクはこちら

カブなのでタンクがシートの下・・・つまり太ももで挟む部分がありません

なので。ニーグリップに慣れなくて慣れなくてもう本当に大変でした。何回怒られたか分からないやつ

余談ですが結構筋肉痛になります

ニーグリップのせいもあり内腿は筋肉痛になる確率が高いです

「内腿が筋肉痛になるから明日は大変だぞ〜〜〜」なんて初日に言われました。が、私はあまり筋肉痛にならなかったんですよね・・・

じゃあどこが筋肉痛になったかというと背中と腕です

完全に緊張と取り回し・引き起こしのせいです・・・どのみちどこかしら筋肉痛になる可能性は高いです。翌日マジで動くの辛かったです・・・




バイクは視線を向けた先に進む事を忘れてはいけない

これ!どこでも基本はこれ!!!

S字だろうがクランクだろうが一本橋だろうが普通の道だろうが、バイクは視線が大切です

一本橋に落ちた事のない一本橋マスターなので(?)断言しますが、一本橋はとにかく目線を落としたらアウトです

これが一本橋。幅は30cmしかないです

ちなみに一本橋の長さは15m、普通自動二輪の場合これを7秒かけて通過しなければいけません。ササっと通ってもダメなんです・・・

とにかくニーグリップ!目線を進行方向に!下に落としてはいけない!これ鉄則!!!

公道に出てからも視線はかなり大切です

峠道とか急なカーブとか、スピードも大切ですが視線はとにかく進む先に向けましょう

ガードレールに視線を向けて走ると一直線でそっちに走っていきます。マジでヒヤっとするので気をつけましょう・・・

余談ですが二輪教習は場外に出ません

二輪教習に路上教習などありません

つまり免許取得した後、自分のバイクで急に走る事になるんです。そこからが本番です・・・

クランク・スラローム・S字・坂道発進・急制動・一本橋はそれぞれまとめます

これらはそれぞれ人によって苦手ポイントが違うんです・・・

ちなみに私はクランクが一番嫌いでした。他はそうでもなかったんですけれども

随時追加していきます。

二輪教習は怖くない!先入観を持たずに頑張ろう

いや、普通に怖かったんですけどね

・・・とか言いつつもなんとか取得できましたし、コツさえ掴んでしまえば対して難しいものでもないです

先ほども書きましたが免許取得は決してゴールではないです、それからが大切です。頑張って力を抜いて免許取得に臨みましょう・・・!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

About The Author

ぱつこ
バイクを足代わりに・・・と思ったらのめり込んでしまったひと。足が短いが故にシートを変えて乗るしかなかった is クロスカブ。カブには箱が似合うと頭で分かりつつ、お気に入りの塗装を守り抜くためシートバッグを装備してます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment On Facebook

Return Top